代表取締役  鈴木 健司
 大正12年に前々社長が創業いたし、昭和28年に法人組織とし、現在を迎えております。この間の世の変遷はめまぐるしく、農業におきましても、品種の改良、栽培技術の進歩、病害虫防除の技術改革、等々により農産物の生産力は飛躍的に伸長してまいりました。
 そんななかで、弊社が発展成長できましたことは、ひとえに関係者各位のお力添えの賜物と衷心より深く感謝もうしあげます。
 また、農薬におきましても本来の「良質の農産物の安定供給」という役割を目指すだけでなく、環境保全に十分配慮した技術の普及に業界を結集して取り組んでおります。
 弊社は創業以来、お取引先・社会・自社の利益を共に考える「三位一体」をモットーとして、永遠の共存共栄をめざして努力させて頂きますので各位様の一層のご指導、ご協力をお願い申しあげます。

平成21年6月